2010年04月27日

橋下知事、候補選定は小沢流 市議補選「攻撃的な女性だ」(産経新聞)

 5月23日投開票の大阪市議補選福島区選挙区(欠員1)で、地域政党「大阪維新の会」が擁立を検討している大阪市内の会社役員、廣田和美氏(46)について、同党の代表を務める大阪府の橋下徹知事は21日、「ものすごいやる気満々でアグレッシブ。政治に関心があり、府市再編にも強い思いを持っている」と話した。

 候補選定の経緯について、橋下知事は「民主党の小沢一郎幹事長の候補者選定を参考にするよう担当者に指示していた。最終決定はこれからだが、女性という点が大きい」と指摘。「志願者がたくさんいたが、そのなかから内々で選定していた」と述べた。

 大阪市議補選は、次期統一地方選で府議会、市議会の過半数の議席を狙う橋下新党にとって初めての選挙。これまで、ともに新人で、民主公認の国本政雄氏(33)と、共産公認の山田みのり氏(33)の2人が立候補を表明している。

【関連記事】
大阪府財政 低所得層、15年間で5.7%増 税収減に拍車
奨学金・公営住宅も見直し 大阪府12年後6800億円不足
任命式に国歌斉唱導入、橋下知事「声が小さい!」
大阪市信金など4信金が連携 事業提携を仲介
大阪府内の景況感、改善に転じる 1〜3月調査
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

京都の市営住宅、母と5歳児殺される(読売新聞)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相(産経新聞)
<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
posted by イシザワ カズヒコ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。